2014年6月26日木曜日

花のように



最近買った本、
聖書のように持ち歩いて読んでる♫

迷った時とか、
モヤっとした時とか、
人の悩み聞いた時とか、

自分では 分からなくなったとき、
この本からピッタリのページ探して
読むとスッキリするよ(*^◯^*)



松下幸之助さんの本だよ〜(*^◯^*)
興味ある人はぜひ見てみてね〜♫



今日はモワッとした天気のせいなのか
なんとな〜く心もモワッと。


で、気になるページを探してみました♫


そして おすそ分け(*^◯^*)




【花のように


砂漠に見いだす清らかな泉は、
旅行く人の喜びであり憩いであり、
そして励ましである。

荒涼たる山野に、
毅然として咲き誇る一輪の花は、
また旅人へのこよなき
慰めとなり励ましとなる。

今の世の中が、
荒野の如く荒れ果て枯れ果てているとは敢えて言わないが、
それでもこのむつかしい時代に、
人びとの心は次第に落ち着きを失って、
索漠たる気配が感ぜれることもない。

おたがいに手をつなぎ、
助け助けられながら
生きねばならぬこの世の中である。

人の心が砂漠の如く
荒れ果ててはたまらない。

せめてわれわれだけでも、
清らかな泉のように、
毅然たる一輪の花のように、
強く正しく働いてゆこうではないか。

むつかしいことかもしれないが、
自分の仕事に誇りを持ち、
自分の働きに意義を感じるならば、
わが身の処し方もおのずからに
見いだされてくるのであろう。

どんな世の中になっても、
あわてず、うろたえず、淡々として
社会の奉仕を心がけてゆこう。

その姿自体が、人びとにとって
すでに大きな励ましとなり、
憩いとなるのである。

花のように。
泉のように。
そこにわれわれの喜びもある。】


はい!先生〜!

って思える♫




ちょっと思ったコトやけど、
この松下さんって、、、



松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年明治27年〉11月27日 - 1989年平成元年〉4月27日)は、日本実業家発明家

パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様



調べてみた。
(ネット便利すぎ。苦笑)


明治に生まれて
平成元年に亡くなってるんだね。


昔の人やんな?

なんかさ、
今にもピッタリのコト言うんだね。

昔はよかった。
昔は違った。

ってよく言うけど、
実は昔も今も本質的なとこは
変わってないのかもね。

昔は昔なりの問題や いいとこがあるし、
今は今なりに問題や いいとこもあるし、

そりゃそうやんな。

誰でも 子供の時は社会問題なんて
知らんだから、
いい社会やった気がするけど、
その時の大人たちは
社会について悩んだり考えたりしてたんだろうね〜


とか思えてきたりした。



ふーーーーーむむむむむ。



さー今日もアトリエ整理整頓しよーっと。


実はさ、
私さ、
言いたくないけどさ、
絵に
ちょーーっとスランプってヤツかも。

アトリエ整理整頓したりしたら
そのうち抜ける、
そしてもっとよくなるって
信じてはいるんですが、

なんか描けない。

自分の中から溢れてこないんだよ〜
考えると余計描けない〜
から、あんまり考えてないの〜

(もしかして心配させると心苦しいので 言っておきますが、
めっちゃ元気です(*^◯^*))



「いつでもいいよ」
って言ってくれて
オーダーくれてる優しい方々、
もーーーーちょっとだけ
お待ちください〜〜〜

いいよって言ってくれてるのが
聞こえる〜

甘えててゴメンね。

オーダーしてくれるお客様、
優しい人だらけ。

感謝。。。

このご恩は何かの形で、、、









0 件のコメント:

コメントを投稿