2014年9月23日火曜日

舞台 きりんの夢


妹の茜の次の舞台のお知らせ♥︎


なんと今回、
名古屋公演があるんです♫


姉バカな私は
せっせとチラシを配っております。


LOFTのイベントの時にも
初めましてのお客様にもいきなり、
『妹が〜、、、』と
チラシ渡したりして、
困惑させたりしてました。
ごめんなさい。




けど、
舞台って面白いよー♥︎

私も今まで見たコトなかったけど、
フツーにハマったもん!

妹が出てなくても見たいもん!





詳細こちら↓



【名古屋公演 】
@愛知県芸術劇場小ホール

◾︎公演日程
2014年11月14日~2014年11月16日
14日(金)19:00
15日(土)12:00/16:00
16日(日)12:00/16:00

◾︎料金
前売 指定席 5500円 自由席 4500円
当日 指定席 6000円 自由席 5000円
学生 1000円引き(学生証をご提示ください)

★名古屋公演のご予約はこちら↓



◾︎出演
榊原利彦、武田知大、大和啄也、奥田直樹、akane、柴川紗希(名古屋公演のみ)、鈴木勇人、早乙女敬良、他

◾︎脚本 龍造寺里琴
◾︎演出 榊原利彦

◾︎あらすじ
戦後の混乱期の日本。
東京大学法学部主席の秀才 山崎晃嗣は日大医科生の三木仙也とともに現役大学生だけを集め、東京中野に闇金融 光クラブを始めた。
時代の追い風も手伝ってあっという間に社員30名、資本金600万の会社に成長し、舞台を銀座に移していく。
国家予算二も匹敵するほどの多額の金を言葉巧みに集めた山崎らはやがて時代の寵児となっていった。しかし、
華やかに見えた彼らの人生はわずかその一年後に、山崎が青酸カリ自殺をはかりあっけなく幕を閉じたのだった。
数字の天才と呼ばれた山崎を死に追い詰めていったのは、何だったのか。そして、誰だったのか。
日本敗戦の混乱期に目覚ましい復興を背景に現れた新たな人種アプレゲール(戦後の自由人)と呼ばれた彼らの実像に迫るTHE REDFACE初の実録物である。



茜ブログ↓


http://s.ameblo.jp/akane-kubota/


応援してあげてください♥︎

0 件のコメント:

コメントを投稿